now loading...
  • 探偵伯爵と僕

    探偵伯爵と僕

    夏休み、友だちが次々と姿を消した。
    懐かしく新しい、森ミステリィの快作。

    もう少しで夏休み。新太は公園で、真っ黒な服を着た不思議なおじさんと話をする。それが、ちょっと変わった探偵伯爵との出逢いだった。夏祭りの日、親友のハリィが行方不明になり、その数日後、また友達がさらわれた。新太にも忍び寄る犯人。残されたトランプの意味は? 探偵伯爵と新太の追跡が始まる。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 銀河不動産の超越

    銀河不動産の超越

    不思議な建物に集まった不思議な面々。 

    「人間はみんなそもそも凄まじい生きものなのか。そんな中で、私だけが平凡でテンションが低いのだろうか」。気力と体力不足の高橋が、やっと職を得たのは下町の「銀河不動産」。頑張らずに生きる――そんな省エネ青年のもとを訪れる、奇妙なお客たちの要望とは?
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 喜嶋先生の静かな世界

    喜嶋先生の静かな世界

    感動に包まれる自伝的小説。

    文字を読むことが不得意で、勉強が大嫌いだった僕。大学4年のとき卒論のために配属された喜嶋研究室での出会いが、僕のその後の人生を大きく変えていく。寝食を忘れるほど没頭した研究、初めての恋、珠玉の喜嶋語録の数々。学問の深遠さと研究の純粋さを描いて、読む者に深く静かな感動を呼ぶ自伝的小説。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 実験的経験

    実験的経験

    突飛で、笑えて、唸らされる。書かれているのは、小説を超越した超小説? 創作という無限性?

    たとえば括弧を空集合にしてみる。
    」あ、もしかして、先生……「
    こんなに自由な原稿を読んだことがあるか? 小説であり、小説でない。ミステリィでもエッセィでも詩でもない。創作の可能性を無限に広げる、奇才・森博嗣の新たな境地がここにある。究極の読書体験が味わえる話題作!
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 講談社文庫