now loading...
  • 森博嗣のミステリィ工作室

    講談社文庫

    森博嗣のミステリィ工作室

    森ミステリィのルーツに触れてみよう
    影響を受けた本から同人時代の漫画まで公開した個人読本!

    ミステリィを書く上で、影響を受けた100冊をセレクトした「ルーツ・ミステリィ100」、犀川&萌絵(SM)シリーズの自作解説「いまさら自作を語る」の他、同人時代の漫画、専門誌に寄稿したエッセィ、山田章博・荻野真・ささきすばる3氏が語る森博嗣像も収録。森ミステリィの魅力と秘密に迫る、充実の個人読本!
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • アイソパラメトリック

    講談社文庫

    アイソパラメトリック

    フォト&ショートストーリー集。

    森博嗣の撮る写真は、無機的で静謐で孤独だ。しかし、寂しさはない。それらの写真は、撮影した視点、人間の存在を語っている。森博嗣の目で世界を見ることができる。その特異な視点からのインスピレーションで綴られた25の超短編からなる異色の作品集。2001年に限定版で出版された幻の一冊!
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 悪戯王子と猫の物語

    講談社文庫

    悪戯王子と猫の物語

    美しくミステリアスな珠玉の20編。

    一度しか読むことができない物語を旅する悪戯王子と猫。彼らが出逢う20の物語は、ときには優しくときには残酷、ロマンティックでしかもリアリスティック。無垢と頽廃を同時に内在する、ささきすばるのイラストと、詩的な森博嗣の文章とが呼応し、次々と展開するイメージ。観念の世界を揺蕩う大人のための絵本。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 悠悠おもちゃライフ

    講談社文庫

    悠悠おもちゃライフ

    遊びをせんとや生まれけむ。戯れせんとや生まれけむ。

    趣味には理解者が必要だが、理解者に振り回されてはいけない。なぜなら趣味は、あくまでも個人的で我儘なものだからだ。この本は、啓蒙本でも入門書でもない。飛行機模型や庭園鉄道をはじめ、多くの楽しみを知る著者が、韜晦も含めて記す優雅な趣味の日常と思考。単行本未収録の連載3回分を含む完全版文庫化。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 人間は考えるFになる

    講談社文庫

    人間は考えるFになる

    不哲学・超文系・建築・超理系、絶妙「文理」対談。
    ここでしか読めない書き下ろし短編小説!

    ●土屋賢二の小説処女作
    「消えたボールペンの謎」
    ●森博嗣の異色短編
    「そこに論点があるか、あるいは何もないか」

    超文系と超理系、こんなに違うものなのか! 哲学教授と工学助教授。ヴィトゲンシュタインとコンクリート。
    専門も興味も異なる2人の対談集。土屋賢二の初短編小説も収録した、笑えて、読むと元気になる一冊。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 議論の余地しかない

    講談社文庫

    議論の余地しかない

    森博嗣さんは、『消費』=遊び、の達人である。 ――糸井重里(解説より)

    「正解とは、真実とは、本人が最も納得できる仮説にほかならないのです」(『地球儀のスライス』より)。著者が撮影したスタイリッシュな写真に、小説からの引用とメッセージをクロスさせた、「森ワールド」を立体的に堪能できるフォトエッセィ。なくしてしまった時間と、忘れてしまった気持ちに出会える1冊。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 君の夢 僕の思考

    講談社文庫

    君の夢 僕の思考

    森さんの言葉は前後左右に動いて、時には先回りをする。だから僕は三次元で森さんの言葉を拾うようにしている。 ――常田真太郎(スキマスイッチ)

    「孤独という自由を、人は恐れ、その価値を評価しないよう、真の意志の存在を忘れるよう、人は努力する」(『恋恋蓮歩の演習』より)。磨き抜かれた思考と、作品に込められた想いが凝縮した、著者自身によるフォトエッセィ。折にふれて取り出し、噛みしめたい言葉たち。『議論の余地しかない』へ続く第1集。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 的を射る言葉

    講談社文庫

    的を射る言葉

    森博嗣の「つぶやき」集。
    森さんの言葉に、ハッとさせられ、ニヤッとさせられ、ウーンとうならされる。
    ハテ、なんのことかと、考えさせられる。――養老孟司(解説より)

    「大人になっても遊んでほしい人は多い。特に会議のとき、それがわかる。」「天は二物を与えず、はそのとおり。三物以上与えるのが普通。」「最も期待値の大きいギャンブルは、勉強である。(その次は、仕事)」―人気作家・森博嗣が毎日つぶやいた切れ味鋭い箴言集。何度も読み返したくなる、無二の言葉たち。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 森博嗣の半熟セミナ 博士、質問があります!

    講談社文庫

    森博嗣の半熟セミナ 博士、質問があります!

    科学問答60題!

    「自転車が倒れないのはどうしてなの?」「ナイフの刃とガラスではどちらが硬い?」「日本語って超煮詰まってない?」など、わかりそうでわからない、よく考えると深い森に迷い込むような身の周りの謎の数々を、博士が縦横無尽かつ明快に解き明かす。工学、科学、数学、建築学、航空学、雑学などの科学問答60題。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • DOG&DOLL

    講談社文庫

    DOG&DOLL

    森博嗣に音楽のエッセィを依頼するなんて発想がかなり突飛だ、と思ったので敬意を表してお引き受けすることにした。
    だいたい、音楽が嫌いだなんて人間がいるだろうか?――(本文より)

    「実はめちゃくちゃ歌は上手い」話、「モスキート音が聞こえすぎて、変な人扱いされそうになった」エピソード、「人間楽器」のイメージ、自分一人だけのためのオーディオなど、人気作家が音楽を起点に、縦横無尽に語るエッセィ集。西尾維新、ゆうきまさみ、山本直樹との対談、巻末に「森博嗣的音楽環境」も収録。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 100人の森博嗣

    講談社文庫

    100人の森博嗣

    読んだ人すべてがFanになる 森ミステリィの秘密と魅力

    森ミステリィへ深く誘われる「森語り自作小説のあとがき」、一筋縄ではいかない「森読書 書評や本に関するエッセィ」など、『森博嗣のミステリィ工作室』と対をなす、魅力がぎっしり詰まった個人読本。特別企画としてデビュー前の手紙や、新聞不掲載となった「子供には新聞を読ませない」なども収録。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • TRUCK&TROLL

    講談社文庫

    TRUCK&TROLL

    音楽をテーマに発想は飛躍する。
    よしもとばなな、浦沢直樹、京極夏彦との対談も収録した音楽エッセィ。

    書籍はもう何千冊も捨てたが、CDやレコードを捨てたことは一度もないことの理由。アーティストはよく「金のためではない」と言うが、金こそ最も綺麗な目的ではないかという問いかけ。よしもとばなな、浦沢直樹、京極夏彦との対談も収録した、音楽の話だけに留まらない音楽エッセィ第2弾にして最終巻。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 森籠もりの日々

    単行本

    森籠もりの日々

    小説家・森博嗣は日々何を思い、考えているのか? 2017年7月からの毎日の仕事、遊び、思考の詳細。森博嗣堂浮遊書店ブログ「店主の雑駁」を書籍化。

    ●ほとんどの問題は、相手の身になって考えることで、多少は穏やかな解決に至るものです。
    ●「間に合うかな?」と心配すること自体が既に、悪い状況といえます。
    ●待ち時間というものが、そもそ嫌いです。待たない工夫をします。
    ●「頑張り」の価値は自身のものです。人に評価されるためのものではありません。
    ●みんながクリエータになるような社会が、未来像の一つといえます。
    ●本当の「学ぶ」「知る」とは、検索では見つからない情報を得ることです。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 森には森の風が吹く

    単行本

    森には森の風が吹く

    世界は森博嗣で構成されている!
    自作小説から趣味や思考にいたるまで、森博嗣100%エッセィ集。

    森ミステリィの魅力に迫る自作あとがき「森語り」、書評や本に関する「森読書」、作品解説「森人脈」、趣味についての「森好み」、森博嗣の考え方を垣間見られる「森思考」から成る森博嗣100%エッセィ集。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 森遊びの日々

    単行本

    森遊びの日々

    小説家・森博嗣は日々何を思い、考えているのか? 2018年1月1日から半年間の毎日の仕事、遊び、思考の詳細。森博嗣堂浮遊書店ブログ「店主の雑駁」から2冊目の書籍化。

    ●子供は理由を知りたくて質問しますが、大人は相手との距離感を測りたくて質問するのです。
    ●創作とは、今ここに存在しないものを書くことです。
    ●スポーツに国境などない、というなら、どの国から来たかなんて問題にしないで、すべて個人参加にすべきです。
    ●「目に見えない恐怖」なんていいますが、もし見えたら、余計に恐いのではないか、と思います。
    ●「酒が悪いわけではない」というのは、「銃が悪いわけではない」に似ていますね。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 森語りの日々

    単行本

    森語りの日々

    小説家・森博嗣は日々何を思い、考えているのか? 2018年7月1日から半年間の毎日の仕事、遊び、思考の詳細。森博嗣堂浮遊書店ブログ「店主の雑駁」から3冊目の書籍化。

    ◎靴下は、どうして「靴の下」なのでしょう?
    ◎お経をスマホで撮ってインスタにアップしたら、現代の写経になりますが、ご利益があるでしょうか。
    ◎大事なことは、そこに法則性を見出すこと。昨日から今日への変化の理由を考えることです。
    ◎飲酒は、年齢制限も法律化されているのに、免許制がないのは、どうしてなのかな?
    ◎一番好条件で一瞬発揮できるものではなく、最悪条件で長く維持できるものが、「性能」という指標です。
    ◎断捨離をするなら、まず一番最初に処分すべきものは、スマホでしょう。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 森心地の日々

    単行本

    森心地の日々

    小説家・森博嗣は日々何を思い、考えているのか? 2019年1月1日から半年間の毎日の仕事、遊び、思考の詳細。森博嗣堂浮遊書店ブログ「店主の雑駁」から4冊目の書籍化。

    ◎現実に、密室殺人事件というものはまずありえません。密室にするメリットが皆無ですからね。
    ◎夢は語らないほうが良い、というのは僕の持論です。
    ◎「心が弱い」や「意志が弱い」などと言ったりしますが、その「心」も「意志」も頭の中にあるものですから、「頭が弱い」といった方が、より的確だと思います。
    ◎「終活」なんかにエネルギィを使うのも、なにか諦めきれない欲望のように、僕には見えます。野垂れ死にでけっこう、と諦めたらすっきりしませんか?
    ◎税制に必要なことは、例外を減らすこと。減税とか特例を設けないこと。そうすれば、政治もクリアになります。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 森メトリィの日々 new

    単行本

    森メトリィの日々

    日々思うこと、考えていること。184日分。「日々」ブログ最終巻。
    森博嗣の考察 論証 発展

    ◎なにかのニュースを見たとき、「え、本当なの?」と少し疑って、そのニュースの出元がとこかを確認する必要があります
    ◎では、何が面白いのかというと、それは現実が一番面白い、と確信しています
    ◎自分と異なる価値観の存在を認めることが、真の知性だと思います
    ◎「天下御免」というのも、子供のときに、「世間に謝りつづける」謙虚さの意味かと勘違いしました
    ◎経済は今のことですが、環境は未来のことです
    ◎解雇されることを「首が飛ぶ」といいます。飛ぶのは頭ですよね
    ◎迷うことがある状況というのは、わりと楽しいものです。 悩んだり、迷ったりするのは、それだけ選択肢がある自由な条件だからです
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 講談社文庫