now loading...
  • つぶやきのクリーム

    つぶやきのクリーム

    森博嗣がつぶやくと、クールなエッセィになる。
    「カロリィゼロ」から「人生の勝ち負け」まで、ままならない世の中に対する森イズム。

    何から手をつけたら良いのかわからない状態とは、なんでも良いから手をつけた方が良い状態のことである――。けっこう当たり前なことのなかに、人生の大きなテーマは潜んでいるものなのだ。小説家・森博嗣がつい誰かに教えたくなって意外に真面目に綴った、世界の見え方が変わるつぶよりのつぶやき100個。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • つぼやきのテリーヌ

    つぼやきのテリーヌ

    「立派な母親像」から「モグラ退治」まで、正解のない世の中を見つめ直す100の森イズム。

    しなければならないことは、すべて自分がしたいことだ――。思いついたことを思いついた順に綴った100個の端的エッセィからあふれ出す森イズム。斬新な発想と知的ユーモアで、人生はこんなにも豊かにできる。文庫好きを公言する小説家・森博嗣の、著作265冊目にして記念すべき、初の文庫書下ろし!
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • つぼねのカトリーヌ

    つぼねのカトリーヌ

    森博嗣は、こんなふうにできている。

    実は、僕の研究室にいた秘書さんが、カトリーヌという渾名だった――。小耳に挟んだ日々の小事から死生観、自己紹介まで、全100個の笑えて、考えさせられて、納得する森イズム。役に立つか立たないかは読む人しだい、でも読めば確実になにかが変わる。ベストセラ連発、絶大な人気を誇る森博嗣の等身大。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • ツンドラモンスーン

    ツンドラモンスーン

    その思考は地球の裏側まで届いていく。「100のつぶやき」シリーズ第4作。

    なんの脈絡もなく書いているシリーズの4冊めである。著者はあの森博嗣だ――。好みのデザートから安全保障、ミステリィのトリックまで、巫山戯たような表現の中に潜んでいるまったく新たな世界観&考え方。「小説を書くほうがずっと簡単」と断言するほど練りあげられた、目からウロコのエッセィ全100編。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • つぼみ茸ムース

    つぼみ茸ムース

    森博嗣は軽やかに「常識」を更新する。

    なんとか今まで生きてこられたのは、とにかく頑張らなかったからだ──。
    デビュー二十年を迎えたベストセラ作家・森博嗣の100のつぶやき。ネット萌芽期の素晴らしさから時間を貯めることの意味、自身のヨーグルト好きまでを縦横無尽に考察する。読むとなんだか自由な気持ちになっていく人気シリーズ第五弾!
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 講談社文庫