now loading...
  • 四季 春

    四季 春

    圧倒的人気の天才・真賀田四季の秘められた真実に迫る4部作。

    幼くして発現する、真の天才。天才科学者・真賀田四季。彼女は5歳になるまでに語学を、6歳には数学と物理をマスタ、一流のエンジニアになった。すべてを一瞬にして理解し、把握し、思考するその能力に人々は魅了される。あらゆる概念にとらわれぬ知性が遭遇した殺人事件は、彼女にどんな影響を与えたのか。圧倒的人気の4部作、第1弾。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 四季 夏

    四季 夏

    四季、13歳。あの夏、あの島で何が起こったのか?
    孤島の事件、その真相を描く「四季」4部作、第2弾。

    13歳。四季はプリンストン大学でマスタの称号を得、MITで博士号も取得し真の天才と讃えられた。青い瞳に知性を湛えた美しい少女に成長した彼女は、叔父・新藤清二と出掛けた遊園地で何者かに誘拐される。彼女が望んだもの、望んだこととは? 孤島の研究所で起こった殺人事件の真相が明かされる第2作。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 四季 秋

    四季 秋

    犀川助教授と西之園萌絵。四季と再びの邂逅を試みる。
    四季が残したメッセージは、何を示す?

    妃真加島で再び起きた殺人事件。その後、姿を消した四季を人は様々に噂した。現場に居合わせた西之園萌絵は、不在の四季の存在を、意識せずにはいられなかった……。犀川助教授が読み解いたメッセージに導かれ、2人は今一度、彼女との接触を試みる。四季の知られざる一面を鮮やかに描く、感動の第3作。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 四季 冬

    四季 冬

    生と死そして時間。すべてを超越し存在する、四季。
    天才の成熟と到達。「四季」4部作、美しき完結編。

    「それでも、人は、類型の中に夢を見ることが可能です」四季はそう言った。生も死も、時間という概念をも自らの中で解体し再構築し、新たな価値を与える彼女。超然とありつづけながら、成熟する天才の内面を、ある殺人事件を通して描く。作者の1つの到達点であり新たな作品世界の入口ともなる、4部作完結編。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    購入する

  • 講談社文庫