loading...

「蒼穹の昴」シリーズ:第五部 天子蒙塵

「蒼穹の昴」シリーズ 第五部 天子蒙塵

そして紫禁城から皇帝が消えた。
紫禁城を追われた皇帝と、張作霖の力を継ぐ者。
二人の天子は塵をかぶって逃げ惑う。
 清朝最後の皇帝であった宣統帝溥儀(プーイー)は、革命によって玉座を追われ、ついに紫禁城からも退去させられる。亡命を望むも各国から拒否され、日本の庇護を受けて天津から新京へ。満洲国執政となった溥儀は、さらに王朝再興を夢見るが、協力者は多くはなく、深い孤独に沈み込む。
 一方、強大な東北軍の権限を父から受け継いだ張学良(チヤン シユエリヤン)は、満洲への日本の侵攻に抗わず、欧州歴訪の旅に出て、「不抵抗将軍」のそしりを受ける。
 「日中戦争」前夜、日本と中国の思惑が複雑に絡み合うなか、満洲に生きる道を見いだそうとする少年たちも現れ、時代の波はさらなる激動の刻へ向けて続いていく。

おもな舞台

  • 北京
  • 天津
  • 新京
  • 上海
  • イギリス

主要人物紹介

張学良チャン シュエリヤン
満洲事変で国を追われた満洲政権の長。
宣統帝溥儀プーイー
第十二代皇帝。
婉容ワンロン
溥儀の正室。
文繡ウェンシウ
溥儀の側室。
馬占山マー チャンシャン
張作霖の元側近
袁金鎧ユアン チンカイ
満洲国参議
永田鉄山ながた てつざん
陸軍少将
吉永将よしなが まさる
陸軍大学教官
木築正太きづき しょうた
満洲へ渡った少年
田宮修たみや おさむ
満洲へ渡った少年

時代背景

物語と中国の出来事 日本の出来事
1932年 溥儀、長春へ移り満洲国執政に就任
国際連盟調査団、満洲国へ
1933年 張学良、欧州へ 国際連盟脱退
1934年 張学良、帰国
1935年 溥儀、日本訪問
1936年 西安事件

人物相関図

人物相関図

人物相関図

人物相関図

書籍詳細

天子蒙塵 第一巻【単行本】

史上最も高貴な離婚劇。自由をめざして女は戦い、男はさまよう。
家族とは何か。自由とは何か。

清朝最後の皇帝・溥儀は、紫禁城を追われながらも、王朝再興を夢見ていた。
イギリス亡命を望む王妃と、史上初めて中華皇帝との離婚に挑んだ側妃とともに、溥儀は日本の庇護下におかれ、北京から天津へ。
そして、父、張作霖の力を継いだ張学良は失意のままヨーロッパへ。
二人の天子は塵をかぶって逃げ惑う。

購入する

天子蒙塵 第一巻

天子蒙塵 第二巻【単行本】

北の曠野で一人抗う男は叫び続けた。我に山河を返せ。
謀略渦巻く満洲の底知れぬ闇。

父・張作霖を爆殺された張学良に代わって、関東軍にひとり抗い続けた馬占山。
1931年、彼は同じく張作霖側近だった張景恵からの説得を受け、一度は日本にまつろうが──。
一方、満洲国建国を急ぐ日本と、大陸の動静を注視する国際連盟の狹閒で、溥儀は深い孤独に沈み込んでいた。

購入する

天子蒙塵 第二巻

天子蒙塵 第三巻【単行本】

希望の地を目指し海を渡った少年二人。新天地から始まる果てしなき道へ。
運命に導かれ、それぞれの楽土を目指せ。

満洲の怪人・甘粕正彦、男装の麗人・川島芳子、欧州に現れた吉田茂。
昭和史最大の事件「日中戦争」前夜、大陸に野望を抱き、夢を摑もうとする者たちが動き出す。そして、希望の光をまとい、かつての英雄が中原のかなたに探し求めた男がついに現れた。その名は──。

購入する

天子蒙塵 第三巻

天子蒙塵 第四巻【単行本】

「龍玉」にまつわる伝説は最終章へ。放浪の時は終わった。
天子たちはそれぞれに輝きを取り戻さんとする。
国民的ベストセラー「蒼穹の昴」シリーズ、ついに第五部完結!

満洲でラストエンペラー・溥儀が皇帝に復位しようとしている。
そんななか、新京憲兵隊将校が女をさらって脱走する事件が発生。
欧州から帰還した張学良は、上海に襲い来る刺客たちを返り討ちにしていた。
一方、日本では東亜連盟を構想する石原莞爾が関東軍内で存在感を増しつつあり、日中戦争突入を前に、日本と中国の思惑が複雑に絡み合う。
満洲に生きる道を見いだそうとする正太と修の運命は。
長い漂泊の末、二人の天子は再び歴史の表舞台へと飛び出してゆく。

購入する

天子蒙塵 第四巻