講談社文庫

シスリー姉さんの月光相談室 あなたの悩みに答えます

───炬燵から出られません!

q.炬燵から出られません。炬燵の周りに放射状に物が散らばりひどい有様です。夕飯を食べた皿も片付けないまま炬燵で眠りに落ち、明け方体がばきばきになっているのを感じて目を覚まし、よろよろとシャワーを浴びて、布団は冷え切っているので再び炬燵に戻る……という生活。助けてください。   (20代 女性 せめて化粧を落としたい)

a.せめて化粧を落としたいさん、いいのではないでしょうか、炬燵から出られないのなら、出なくても。炬燵はあたたかいです。炬燵布団は、やわらかいです。さらに、炬燵は机にもなりますから、いろいろな作業ができます。書かれている通り、そこで夕食をとることができます。本を読んだり、手紙を書いたり、仕事をしたり、麻雀をすることさえもできるのです。これほどまでに魅了されているのですから、ぞんぶんにその小宇宙でできることを開発し、思い切り楽しめばいいと思います。なにしろ、暑くてたまらない真夏にまでそこに留まることはできないでしょうから。おそらく、春が来て、ぽかぽかとあたたかくなれば、雪がとけるように炬燵への思慕も消え、自然と這い出てくることになるでしょう。

過去のお悩みはこちら
シスリー姉さん
シスリー姉さん
東直子氏の小説『らいほうさんの場所』(講談社文庫)の主人公志津が、占い師として名乗る名前。作品中でシスリー姉さんこと志津は、「生まれ月別運勢占い」をweb上で毎週更新している。自分の心の内側からふいに浮かんでくる言葉で悩み事に答えるのが、シスリー姉さん流
あなたのお悩みもお待ちしています! 応募はこちらから
▲ページトップへ