講談社文庫

『イクサガミ 天』 今村翔吾 『イクサガミ 天』 今村翔吾

王道ネタで覇道を突き進む、圧倒的な牽引力。もう止まらない。
お願いですから早く続きを読ませてください。

極夏彦(小説家)

風太郎忍法帖+現代のデスゲーム。『天』で巻を措けるのは、ただ死人のみか。
悪のゲームに身を投じ、一瞬の光芒に命を散らす兵法者たちは、切なくも美しい。

祐介(作家)

時代劇とアクション、サスペンスの超絶ハイブリッド。
デスゲームに挑む武人たちと共に、この快楽を味わい尽くせ。

大友(映画監督)

魅力的なキャラクター、迫力あるバトルシーン、息もつかせぬ怒涛の展開!
最高のエンタメ時代小説!

望月麻(作家)

今村翔吾

プロフィール プロフィール

今村翔吾(いまむら・しょうご)

1984年京都府生まれ。2017年『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』(祥伝社文庫)でデビュー。’18年『童の神』(角川春樹事務所 時代小説文庫)が第160回直木賞候補に。’20年『八本目の槍』(新潮社)で第41回吉川英治文学新人賞を受賞。同年『じんかん』(講談社)で第11回山田風太郎賞を受賞、第163回直木賞候補に。’21年「羽州ぼろ鳶組」シリーズで第6回吉川英治文庫賞を受賞。’22年『塞王の楯』(集英社)で第166回直木賞を受賞。他の著書に、「くらまし屋稼業」シリーズ(角川春樹事務所 時代小説文庫)、『ひゃっか! 全国高校生花いけバトル』(文響社)『てらこや青義堂 師匠、走る』(小学館)がある。

望月麻衣氏手書きPOP

プロフィール プロフィール

望月麻衣(もちづき・まい)

北海道生まれ。2013年エブリスタ主催第2回電子書籍大賞を受賞し、デビュー。2016年「京都寺町三条のホームズ」シリーズが京都本大賞を受賞。他の著書に「京都船岡山アストロロジー」シリーズ、「わが家は祇園の拝み屋さん」シリーズ、「満月珈琲店の星詠み」シリーズなど。現在は京都府在住。

東海道地図

作曲家・山田竜平氏が、小説をイメージしたオリジナル楽曲を書き下ろし!

作曲家・山田竜平が、「イクサガミ」をイメージしたオリジナル楽曲を書き下ろし。幼少期からお互いを知り、今や小説と音楽、二つのエンタメの最前線を行く二人の夢のコラボレーション!楽曲制作を始めるにあたって、お二人に記念対談を行っていただきました。

今村翔吾×山田竜平 スペシャル対談

そもそも、お二人の出会いは?

今村
保育所が一緒やったんよな。
山田
そうそう、京都で。年は3歳違うから、かぶってはいないんだけど保育所は一緒。翔吾くんの弟と僕が幼なじみで、僕の姉や翔吾くんも含めて家族ぐるみでどこかへ遊びに行ったりする間柄でした。
今村
キャンプとかもよく行ったよな?
山田
今村家ともう一組、別の家族と仲良くさせてもらっていました。でも、僕が小学校2年生のときに、パン屋を営む父親の仕事の都合で奈良に引っ越したので、そこからしばらく空いてしまいました。その後、中学校に入ってやんちゃし始めるときぐらいに、弟さんと再会しました。確かその頃に、翔吾くんも中型免許取って、うちの実家に遊びに来てくれましたね。
今村
そう。愛車のドラッグスターで竜平の家にパンを買いに行って久々に会ったんや。
山田
そのときも僕だけじゃなくてうちの家族みんなに会いに来てくれた感じやったよね。
今村
うん。だから俺と竜平の関係が深くなったのはもう少し後、俺が20歳すぎぐらい。
山田
僕は音楽始めたときだから、18歳かな。
今村
その頃俺も音楽やっていましたので、音楽の専門学校に通って駆け出しやった竜平に、編曲してくれない?とお願いしてCDを作ったのが最初ですね。そのCDも5曲作るのに、1年以上かけて、だらだら作ってた。
山田
翔吾くんが土日、午前中うちに来てくれて。
今村
夜まで一切制作しないで割とエンドレスでしゃべるんよな?ひたすら。
山田
うん。宇宙の話とかしたよね。
今村
竜平って、よく「翔吾くん、宇宙ってどう思う?」とか聞くわけよ、俺に。今の世界情勢とか。
山田
僕は興味を持つ割に知識がないから、頭のいい人に分かりやすく説明してもらいたい。一方の翔吾くんは弁が立って説明が上手。
今村
そうやってずっと話して、夕方ぐらいに「ちょっとぐらいやらなな」って言って、夕方とか夜に1時間ぐらいやって、「今日、帰るわ」みたいなのが一年ぐらいずっと続いたよな。合間に竜平のおっちゃんのところのパン食べて。それから、CD制作が終わってからも会ったり電話したりするようになって、子どもの頃よりも濃い間柄になった。
今村翔吾×山田竜平 スペシャル対談

その後、山田さんはどのような活動をされたのでしょうか?

山田
24、5まで関西で色々と試行錯誤した後、26で上京して、デビュー作とは異なるのですが、つるの剛士さんの「はやぶさ」の作曲をさせていただき、山田竜平という人間の音楽性が世に発信できました。その後も色々と積み重ねて……。
今村
出世作は田中芳樹先生原作、荒川弘先生漫画のアニメ『アルスラーン戦記』の主題歌「翼」(藍井エイル)か。
山田
あとアニメ『バジリスク』の「桜花」だね。そういうアニメ音楽などを作曲して。あとはJ-POP。これも要はアニメ番組の主題歌とかエンディングなどですね。このあたりで状況が変わりました。でも、はじめのうちはまだお互いこんなになると思ってなかったよね。もちろん、「なろう」という思いはあったけど。
今村
むしろ逆よ。竜平のほうが先に自分の夢に進んでいて、俺のほうが二の足踏んでいた。でもそんなときもいつも竜平は、「翔吾くんは、やれば絶対成功するねんから、勇気持ってやったらいい」っていうのは昔から言ってくれてたな。
山田
だし、同じステージに来て欲しかった。だって、昔から本や歴史が大好きだったから。
今村
俺が30のときに小説家になる決意をして前の仕事を辞めたら、竜平がめっちゃ喜んでくれたのは覚えてるよ。
山田
めっちゃうれしかったから。デビューしてからの展開も、一般の方から見たらすごく早い駆け上がり方かもしれないけど、それまでの下積みやフラストレーションを知る僕にとっては、意外ではありませんでした。
今村
すでに己の道を行く竜平には、やりたいことがあるけど、それが具現化できなくて苦しんでいる姿も沢山見せてきたと思う。不安もデカかったけど、竜平は「絶対できる」ってずっと言い続けてくれた。だから俺がデビューしたときも、「ほらな。やればできるって、ずっと言ってたやん」みたいな感じやったな。
山田
僕は18のときにそれまで考えもしなかった音楽活動に出会って、それでもここまでやってきた。でも、翔吾くんは小さいときから志があった。それに、翔吾くんは小さいときから、何がどう転んでも一人で生きていけるタイプの人だと思っていたから。
今村翔吾×山田竜平 スペシャル対談

そんな中、なぜ今回、山田さんに音楽を作っていただこうと思ったのでしょう?

今村
そもそも竜平とは、いつでもこうしたコラボができる関係性ではありました。でも二人の暗黙の了解で、お互いがお互いの道である程度世間にも認められるようになってからやりたいね、というのがあって。それである程度二人ともプロとして一人前と言えるようになったかな、というタイミングで本作の話が来て、若い子にも読んでもらうために魅力的な音楽が欲しい、音楽といえば竜平じゃないか。ついにそのときがきたか!と思い立ちました。
山田
もっと後でもできたんだけど、お互い家庭ができて身動きができなくなる前に1回やりたかったというのもあります。もちろん40は40でまた何かあるかもしれないし、それぞれがステージを上げていく中で、ときどきこうしてコラボして切磋琢磨出来たら最高ですね。小説を読みながら聴けるような音楽を作りたいって、もともとのイメージはどこから?
今村翔吾×山田竜平 スペシャル対談
今村
これは俺の発案です。俺、ふだんこのキャラクターはこの音楽だ、とか聴き分けながら小説を書くんよ。そういうのもあって、俺の中にあるこの小説のテーマ曲のイメージが読者と共有できたら、もっと俺の見せたい映像が頭に浮かんでくれるんではないか、と。
山田
簡単に言えば小説の主題歌ってことよね。
今村
そう。音楽の力を借りれれば、ふだん歴史小説を手に取らない若者にも手に取ってもらえるんじゃないかな、と。
山田
それじゃあ、気合を入れて作らせてもらいますね。
今村
ありがとう。めちゃくちゃ楽しみにしてます!

プロフィール プロフィール

山田竜平(やまだ・りゅうへい)

1988年生まれ奈良県出身。高校卒業時に音楽の道へ進むことを決意し、専門学校で作曲、編曲を学ぶ。その後、藍井エイル「翼」(TVアニメ「アルスラーン戦記」オープニングテーマ)、「鼓動」 TVアニメ「バックアロウ」(2ndクールオープニングテーマ)、水樹奈々「HOT BLOOD」 TVアニメ「バジリスク〜桜花忍法帖〜」(エンディングテーマ)など映像作品との親和性の高い作品を生み出している。

『イクサガミ 天』

カバーイラスト・石田スイ(「東京喰種」「超人X」)

か、か、誇りか。
刀を握る理由は、何だ。

明治11年。深夜の京都、天龍寺。
「武技ニ優レタル者」に「金十万円ヲ得ル機会」を与えるとの怪文書によって、腕に覚えがある292人が集められた。
告げられたのは、〈こどく〉という名の「遊び」の開始と、七つの奇妙な掟。
点数を集めながら、東海道を辿って東京を目指せという。
各自に配られた木札は、1枚につき1点を意味する。点数を稼ぐ手段は、ただ一つ――。

「奪い合うのです! その手段は問いません!」

剣客・嵯峨愁二郎は、命懸けの戦いに巻き込まれた12歳の少女・双葉を守りながら道を進むも、強敵たちが立ちはだかる――。

弩級のデスゲーム、ここに開幕!
【文庫オリジナル】

購入はこちらから

A:コピー - 高田崇史「古事記異聞」特設サイト