講談社文庫

シリーズ第5弾!

史書にも教科書にも記されなかった怨霊たちの日本史が、今、高田崇史の手で暴かれる! ─千街晶之(ミステリ評論家)

    1. 『神の時空 伏見稲荷の轟雷』高田崇史
    2. 神の時空 伏見稲荷の轟雷

      高田崇史 「お稲荷さん=狐」は大いなる勘違い!?
      稲荷史六つの謎がすべて解けた!

      世界的に有名な京都・伏見稲荷大社の千本鳥居に吊された四人の遺体。
      狐憑きの家筋である樒祈美子は、お山の気の歪みを感じて巡拝するが、千本鳥居が次々と倒れはじめる。
      鳴り止まぬ雷鳴のなか、稲荷山へ入ろうとする辻曲彩音らを狐たちが襲う。「お稲荷さん」と狐はなぜ縁が深いのか? 稲荷神の正体は?

      ご購入はこちらから
    ご購入はこちらから
    1. 『神の時空 嚴島の烈風』高田崇史
    2. 神の時空 嚴島の烈風

      高田崇史 三女神を祀る厳島神社の血塗られた歴史。
      神の島が秘匿する歴史の暗部!

      天変地異が続く宮島。突風、竜巻、地震に襲われ、嚴島神社の大鳥居が大きく揺らぐなか、社務員が刺殺される。この異変は怨霊を目覚めさせようと企む者たちの仕業だと感じた辻曲彩音は、現地に急行する。宮島が「神の島」と呼ばれる所以とは? 封印された大怨霊とは何者なのか? 歴史の暗部を照らし出す。

      ご購入はこちらから
    ご購入はこちらから
    1. 『神の時空 三輪の山祇』高田崇史
    2. 神の時空 三輪の山祇

      高田崇史 物みな霊魂が宿る――アニミズムを代表する大神( おおみわ ) 神社の( じん )( ) とは?

      日本最古の神社の一つ、奈良・大神神社近くの河原で高校生が殺害された。彼が「蛇が…」と言い残して事切れたと聞き、友人の田村暁は戦慄する。その数日前、二人は大神神社の御神体とされる三輪山で、ある禁忌を犯していたのだ。一方、京都にいた辻曲姉妹も不吉な兆候を察知。怨霊を鎮めるべく、奈良へ―─。

      ご購入はこちらから
    ご購入はこちらから
    1. 『神の時空 貴船の沢鬼』高田崇史
    2. 神の時空 貴船の沢鬼

      高田崇史 京都「貴船神社」と呪術「丑の刻参り」。その驚愕の真実を暴く!

      「縁結び」の神様にして、男を呪う「丑の刻参り」でも有名な、京都・貴船神社。次女・摩季を蘇らすため、清らかな霊水を求めて貴船に向かった辻曲姉妹たちは、ここで、般若のような顔をした犯人による連続殺人事件に遭遇する。事件の真相は? そして、貴船に祀られた姫の悲しみを晴らすことはできるのか?

      ご購入はこちらから
    ご購入はこちらから
    1. 『神の時空 倭の水霊』高田崇史
    2. 神の時空 倭の水霊

      高田崇史 これは、高田崇史による、弟橘媛( おとたちばなひめ への鎮魂歌だ!

      横浜・レンガ倉庫近くで、OLの涙川紗也(なみかわ・さや)は、自分のストーカーだった男の刺殺体を発見。その頃、東海地方は、いつ止むとも知れぬ豪雨に襲われていた。巫女の血を引く辻曲兄妹は、このまったく無関係に思える事象の背後に、古代史上の人物、日本武尊(やまとたけるのみこと)と弟橘媛を巻き込んだ、巨大な陰謀の存在を察知する!

      ご購入はこちらから
    ご購入はこちらから
    1. 『神の時空 鎌倉の地龍』高田崇史
    2. 神の時空 鎌倉の地龍

      高田崇史 鎌倉の殺戮史から、頼朝の死の真相が明らかに

      由比ヶ浜で、意識不明の重体で発見された女子高生・辻曲摩季(つじまがり・まき)の姿が病院から消失。直後の地震で、鶴岡八幡宮の鳥居が倒壊し、さらに、源氏ゆかりの地・修善寺でも異変が発生。尋常ならざる者の影を感じた摩季の兄姉と友人の陽一は、鎌倉の殺戮史を調べはじめる。果たして、事件と怨霊の関係は? 新シリーズ開幕!

      ご購入はこちらから
    ご購入はこちらから
「神の時空」シリーズ開幕!
 高田崇史 動画 インタビュー
  • 高田崇史

  • PROFILE
    高田崇史(たかだ・たかふみ)昭和33年東京都生まれ。明治薬科大学卒業。
    『QED 百人一首の呪』で、第9回メフィスト賞を受賞しデビュー。
著者コメント

ぼくは今でも京都に行った際には、チャンスと時間さえあれば伏見稲荷に参拝してお山に登ります。何度も登った結果、お山の中に店は何軒あるとか、あの社への石段は何段あったなどという、かなり詳細なお山の地図を作成してしまったほど大好きなのです。
そんな稲荷とお山をテーマにした「神の時空シリーズ」第6弾『伏見稲荷の轟雷』が、文庫化になりました。
「稲荷」をどうやったら「いなり」と読めるのでしょうか?
「倉稲魂」が何故「うかのみたま」という読みなのでしょうか?
千本鳥居が次々に倒壊してゆく中(!)皆さんも主人公やグリたちと共に、そんな歴史の謎に満ち溢れた世界を旅していただければと願っています。

高田崇史

担当コメント

シリーズ6作目は「外国人に人気の日本の観光スポット」というランキングで2014年から5年連続で1位の伏見稲荷大社が舞台です。

伏見稲荷といえばどこまでも続く美しい千本鳥居が有名ですが、実はその奥の稲荷山全体が信仰の対象なのだそうです。本作では、その千本鳥居が次々に倒れ、稲荷山が鳴動。全国に3万社あるといわれるお稲荷さん、稲荷神の悲しい来歴が明らかになります。

A: