江戸は浅草 いま、最注目の女流時代作家、待望の新シリーズ

さわや書店フェザン店 田口幹人氏激賞の「上絵師 律の似面絵帖」シリーズで人気ブレイク!!

ぶらり浅草。意地と情けと、ちょいと色恋。悲喜こもごも、下町六軒長屋の人間万華鏡。
江戸は浅草

江戸は浅草

知野 みさき

雷門で掏摸に遇い路頭に迷っていた真一郎は、六軒長屋の大家・久兵衛に用心棒兼遣い走りとして拾われる。向かいは真夜中に面を打つ謎の美女・多香、隣は女のヒモで洒落者の笛師・大介。長屋で気ままに暮らす住人たちが、町の騒動に立ち向かう。江戸っ子の粋と人情、そして色恋も鮮やかな新シリーズが開幕!

購入する
P R O F I L E

知野みさき

 1972年千葉県生まれ、ミネソタ大学卒業。現在はカナダBC洲在住、銀行の内部監査員を務める。2012年『鈴の神さま』でデビュー。同年『妖国の剣士』で第4回角川春樹小説賞受賞。『上絵師 律の似面絵帖 落ちぬ椿』を第一巻とする「上絵師 律」シリーズが人気を博す。他の作品に『しろとましろ 神田職人町縁はじめ』『山手線謎日和』『深川二幸堂菓子こよみ』などがある。

本作品に登場する浅草・六軒長屋の面々 本作品に登場する浅草・六軒長屋の面々

人気シリーズ誕生の予感!

藤田香織氏(書評家)

 天下太平な御時世で需要の減った矢師を廃業し、さながら自分探しの旅に出ようとしていたところを「物好き」な両替商のご隠居・久兵衛に用心棒という名の雑用係として拾われた主人公の真一郎。

 殺しの下手人を「探しておいで」と軽く命じられたことを筆頭に、四つの事件解決に奔走する姿が描かれていくのだが、読み進むごとに面白さがぐんぐん加速していく。
ひと癖もふた癖もあるが、それぞれに腕に覚えもある職人揃いの久兵衛長屋の住人たち。解決したと見せかけて待ち受ける二段、三段構えの真相。そこに秘められた人々の思い。

 真一郎曰く〈なんだか楽しくて仕方ねぇ〉というこの浅草の町をもっと見たい! 久兵衛長屋のメンバーのこれまでとこれからをもっともっと知りたい! 心弾む魅力と魅惑がたっぷり詰まった物語である。文庫書き下ろし時代小説ブームのなかで、新たな人気シリーズ誕生の予感、感じます!

江戸は浅草イイところ取り試し読み

第一話六軒長屋

矢場の女・みきが殺される。
その日、みきと茶屋にいた真一郎に疑いが……。

 ふん、と女が鼻を鳴らした。

「とぼけた男だね」

 呆れたというよりも、からかうように言って女は鉈と鑿を後ろにほうった。

 ゆっくり外されていく面の下から笑みを湛えた唇が覗く。

 灯りを背にした女の顔は陰っているが、切れ長の美女なのは見て取れた。

「お前のせいで気がそがれちまった。相応の償いをしてもらおうか」

「つ、償い?」

「ほんの気晴らしさ」

「気晴らし?」

 阿呆のように繰り返す間に、女が自ら襟元をはだいて、両腕を真一郎の首に回す。

 思ったよりずっと豊満な身体に抱きしめられて、真一郎は生唾を飲み込んだ。

 気晴らしでもなんでも、これほどの女を抱く機会はそうあるものではない。

 この際、何者だっていいさ。

 たとえこいつが狐狸妖怪の類だとしても――

 急ぎ女の背中に手を回し、真一郎は夢中になって帯を解き始めた。

第二話猫殺し

久兵衛の友人の愛猫の遺体が捨てられていた。
久兵衛に頼まれ猫殺しを探す真一郎。

「儂(わし)と源助が知る限り、浅草で二匹、上野、両国と、この一年にもう四匹も三毛猫が殺られているのだ。どれもそこそこ名のある者が飼っていた猫だぞ? おかしいと思わんか?」

「おかしいですな」

 久兵衛の手前、頷いたものの、一年で四匹なら死に様によっては偶然のうちだ。

「次に狙われるのは、うちの桃かもしれん」

「なるほど」

「そこで真一郎、ここは一つ、おちびの下手人を探して来い」

「え?」

「桃に何かあってからでは遅いのだ。だからその前に下手人をとっ捕まえるのだ」

「俺が?」

「そうだ、お前がだ。無論お足は出すぞ。不満か?」

「いや……久兵衛さんのご命とあらば」

 久兵衛に雇われている真一郎としては、引き受ける他ない。

第三話夏の捕物

向島界隈で白昼の手込め事件が頻発。
多香は鈴の道中をつけ狙う男がいると言う。

 相変わらず、つれねぇなぁ……

 真一郎が内心ぼやいていると、ひょいと再び多香が表へ出て来る。

「ちょいとそこまで付き合いな」

「えっ?」

 返事を待たずに歩き出した多香を、真一郎は慌てて追った。

 木戸を出ると、多香は表通りを北へ向かった。

 金龍山下瓦町を抜けた辺りで、浅草今戸町の久兵衛の別宅へ行くのかと思ったが、今戸橋を渡っても多香の足は緩まず、更に北へと進んで行く。

「お多香、ちょいと、ってぇのはいってぇどこまで――」

「もうすぐそこさ」

 ――今戸橋から四半里弱も歩いてようやくたどり着いたのは、銭座の北にある「おいて屋」という舟宿だ。

「二階、空いてるかい?」

 多香が言うと、店の者は頷いて真一郎たちを二階へ案内した。

 舟宿の二階には座敷や休息所が設けられていることが多いが、それぞれの部屋が引き戸できっちり仕切られているのは珍しい。おいて屋は吉原から東に一里ほどという場所柄、吉原通いの者の密談や社交の場として贔屓されているとみた。

 通されたのは東側の―大川が見える部屋だった。

第四話錠前破り

守蔵の錠前を突然京都物に変えるという商店。
真一郎たちの痛快な逆襲とは?

「大体、くだりもの、くだりものって、猫も杓子もうるせぇんだよ。江戸は公方さまのお膝元だぜ? 上方と張れる職人はわんさといるし、上方より旨いもんだってたんとあらぁな」

 江戸生まれの江戸育ち、更に真一郎よりも六歳も若いとあって、大介のむくれようは真一郎の比ではない。

「大介、ちと声が高ぇよ……」

 小声で真一郎がなだめたところへ、つぶやき声が聞こえた。

「豊田家が……」

 低い声は紛れもない守蔵のもので、ぎょっとして真一郎たちは湯煙の中で顔を見合わせた。

「守蔵さん……そのぅ」

「久兵衛さんも悪気はねぇかと……その、大介が言うように新しい物好きが高じて、つい見栄を張っちまったんじゃねぇだろうか……?」

▲ページトップへ

A:986